心理カウンセリングの心理保健室|知能検査・発達支援・警察署内面談・スクールカウンセラー派遣
知能検査

知能検査 児童用(WISC-Ⅳ) 成人用(WAIS-Ⅲ)

  • 当研究所は児童・生徒及び成人を対象とした発達検査として知能検査を使用しています。
  • 知能検査の受検をする前に、必ず有料の事前面談はご予約して下さい。事前面談の時に、知能検査をすすめた病院、クリニック、学校教員等について、お知らせ下さい。受検が可能と判断できましたら、面談日について話し合いをします。約30分かかります。
  • 知能検査は、川越相談室あるいは南浦和相談室で受検が可能です。
▼児童用知能検査
名称日本版WISC-Ⅳ(ウエクスラー児童用知能検査:2010年版)
対象 5歳~16歳11ヶ月
形式 完全個別検査(検査者1名が被験者1名を検査します。)
時間 約60分~90分(解答状況により、早く修了する場合もございます。)
内容 ことば・数字・記号・図形等についての知識と推理・判断
検査者 臨床心理士
測定項目 全体的知能指数と領域別指標を算出します。
知能指数 知能指数(IQ)は正規分布することが仮定されていて、平均が100、標準偏差が15として計算されます。
約3人に2人は、IQが85~115の中に入ります。また、130以上の人も69以下の人もそれぞれ100人中に約2人くらいいる計算になります。
知能水準 80~119が平均的、あるいは普通レベルとされて、100人中約82人がこの中に入ります。
70~79が境界線領域で100人中に約7人、69以下が精神遅滞とされていて、100人中に約2人です。
結果処理 算出された下位知能指数の間及び、各群指数の間に統計的な有意差があるかを検討します。これにより、知能を構成していると仮定している種類の異なる知能元素のパタンなり傾向性が見えてきます。
結果報告 検査結果は報告書として郵送致します。依頼者が、学校関係者、医療機関等のどなたからのものかにより、 説明のしかたは多少異なりますが、知能検査の著作権等の関係により詳しい説明は出来ません。
結果面談 特にご希望がある場合は、知能検査の結果について、検査を実施した担当者によるカウンセリングを有料で実施致します。
発達診断 発達障害(高汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性症候群、等)についての診断は、医療機関にて正確に診断されるべきものですが、当研究所では、発達相談でお聴きした児童・生徒の生育歴、教育歴等も総合的に勘案して、 家庭教育および学校教育において注意すべき事項等のアドヴァイスをさせていただきます。
料金事前面談(児童用・成人用共通)3,000円(税込)
面談キャンセル料 3,000円(税込)
成人用知能検査(WAIS-Ⅲ) 20,000円(税込)
児童生徒用知能検査(WISC-Ⅳ) 20,000円(税込)
検査キャンセル料 10,000円(税込)
検査結果についての面談 5,000円(税込)
お気軽にお問い合わせください。
  • 事前面談は、前々日迄に3,000円をお振込みくださいませ。
    受検の可否にかかわらず、3,000円を申し受けます。
  • 検査料につきましては、前々日迄に10,000円をお振込みくださいませ。
    残金10,000円は、検査当日に申し受けます。
    なお、お振込みは平日 午後3時迄にお願いいたします。
    振込先:埼玉りそな銀行・川越南支店・普通・4180704・心理保健室

心理保健室へのご予約・お問い合わせ

携帯・PHS・固定(東京・神奈川・千葉・兵庫) :03-3567-2213
携帯・PHS・固定(埼玉・栃木・群馬 ・東北) :049-298-7549
  • 各相談室からの返信は主にPHSから発信しますので、よろしくお願いします。 070-5559-2610
  • 法人・団体様向けお問い合わせフォームはこちら

■営業時間(面接可能時間帯)
月曜~土曜 → 10:00~20:00
日曜・祭日 → 13:00~18:00
相談室によりまして、営業時間は若干異なります。

■ご予約・ご質問
月曜~土曜 → 10:00 ~ 19:00(事務職勤務時間帯)
日曜・祭日 → 13:00~18:00
  • 日曜・祭日の18時以降のお電話には翌日に返信させていただきます。
  • カウンセリングの内容・方法等についてのご質問等はメールで承ります。
  • カウンセラーは電話窓口での対応は一切やりません。
  • 非通知電話、公衆電話からはつながりません。
  • 面談中、外出中で電話に出られないこともございます。着信履歴より、こちらから電話をおかけします。個人として、職場の電話を利用される場合は、他の職員が応対しない電話からおかけください。

↑ このページのTOPへ